読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福岡忠久の偉人録

僕、福岡忠久が、ただただ偉人を紹介していくブログ。

福岡忠久の偉人録「安藤百福」

=発明家=

今日、福岡忠久が紹介する人物は安藤百福です。


チキンラーメンの開発者として知られる安藤百福は、数々の即席麺商品をを開発し、インスタントラーメン産業を発展させました。
安藤百福は1910年(明治43年)に台湾で生まれ、若い頃は日本で仕入れた繊維などを台湾へ輸出し財を得ました。

次第に精密機械の製造や飛行機エンジン部品の製造など事業を拡大しますが、第二次世界大戦の空襲で全ての事務所・工場を失いました。
戦後、日本に帰化し、1958年にチキンラーメンの開発に成功し販売を開始します。

チキンラーメンは発売直後から大ヒットし、日清は1963年に東京証券取引所2部、大阪証券取引所2部へ上場するなど急成長します。

1971年にはカップヌードルを販売し、日清はさらに大きく成長しました。


目立った経歴だけを見ると、安藤百福の人生は順調そのものに見えますが、戦前には、国からの支給品を横流ししている疑惑がかけられ連行されたり、戦後は脱税容疑で逮捕され巣鴨プリズンに収監されました。

2年後無罪釈放されますが、まわりに請われて信用組合の理事長になれば信用組合は倒産し、多額の負債を背負ったこともあります。


福岡忠久は、安藤百福がずっと順調な人生を送っていたと思っていたので、波乱万丈の人生だったと知って驚きました。